読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

とにかく美白したい方必見!シンプル美白方法のまとめ

アンチエイジング アンチエイジング-美白
このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく白い肌を手に入れたい!色々方法を試してはいるけど、効果がなかなか感じられないこともあると思います。

私自身学生時代水泳部で真っ黒でしたが、色々試していくとファンデーションの色が2トーンも明るくなりました。そんな私の経験がお役に立てればと思います。

 まず、はじめに「白さの目標を決める」

「とにかく白くなりたい!」そんな漠然とした目標では、いくら美白してもきりがありません。まずはご自身の白さの限界を確認しておきましょう。

f:id:blocube:20150505221817j:plain

基準となるのは、ご自身の二の腕の内側です。二の腕の内側が人生の中で一番日焼けしてこなかった部分です。夏、海やプールなどに行った場合など強い紫外線を浴びた時ではなく、冬などあまり日焼けをしていない時の肌の白さを参考目標にして下さい。

では次にこれをやれば美白が出来る8つのシンプル美白方法をご紹介します。

1. 美白美容液をつかう

美白と言えば、美容液が一番に思いつきます。今使っている化粧品にも加えやすく、取り入れやすいアイテムです。

美白美容液選びのポイントは「特許取得美白有効成分配合」「医薬部外品美白美容液」「美白有効成分の配合量」「適正量を守って使えるか」の4点です。

美白美容液選びのポイント
  1. 特許取得美白有効成分配合
  2. 医薬部外品美白美容液
  3. 美白有効成分の配合量
  4. 適正量を守って使えるか

特に、美白美容液は高価なものが多いので、部分使いなどせず、ケチらず顔や首にしっかり使える価格帯の物をチョイスしましょう。

2. 基礎化粧品を美白ラインでつかう

美白美容液と併せて、使いたいのが化粧水・乳液などの基礎化粧品の美白ライン。化粧水・乳液などにも美白有効成分が配合されているので、美白美容液の効果をより高めてくれます。

出来れば美白美容液と化粧水・乳液は同じメーカーやシリーズでそろえると効果的に美白出来ます。

どのメーカーもセットで販売したときのことを想定して研究しているので、美白効果の実証データはセットで使用したときの物と考えたほうが良いでしょう。

3. 日焼け止めを必ず使う

もうこれは定番中の定番ですね!日焼け止めは夏のイメージではありますが、一年中使用しましょう。冬でも紫外線は出ていますので、油断は禁物ですよ。

私は、春夏は「SPF50」の日焼け止めを使用して、秋冬は「SPF30」くらいの日中用美容液を使用します。

  • 春夏→SPF50
  • 秋冬→SPF30

基本的に私はずぼらなので日焼け止めを落とすときはクレンジング不要で、石けんで落ちるタイプの物を積極的に使用しています。

毎日欠かさず使う物なので「極力ストレスなく使える物」をチョイスしています。少しの外出や室内にいるときも油断しないようにしましょう。

高UVカットで顔、からだ両用に使える美白コスメ
POLA ポーラ ホワイティシモ UVブロック ウルトラシールド 50

ホワイティシモUVブロック シールドホワイト

  • 出版社/メーカー: POLA(ポーラ)
  • メディア: 日焼け止め,美白美容液【医薬部外品】
  • UVカット率: SPF50+PA++++
  • 購入: 18人 クリック: 128回
 

ポーラには人気の美白ラインでホワイティシモという商品がありますが、UV対策のために作られたのがこのUVブロックシールドホワイト。

美白効果のある成分を含む医薬部外品なので、日焼け止めとして使いながら美白もできるスグレモノです。顔に使った後、残ったミルクを腕から手に伸ばせばそのままUV対策もOK!

ウォータープルーフなので汗で落ちる心配もなく、ハーブの香りで虫よけ対策にもなります。とても使いやすくおすすめの一本。

4. 日傘や手袋などUVカットアイテムの使用

実は、強い紫外線の刺激というのは腕に受けた紫外線でも影響が顔にも出ることがあるのです。体の中のメラニン細胞が一部でも刺激されると体全体のメラニン細胞が活性化されることがあるのです。

ついつい顔のUVカットに気をとられがちですが、「腕や足、首などの紫外線対策」も行いましょう。日焼け止めを塗るのがベストですが、おっくうという場合にはUVカットアイテムを使用しましょう。

5. サングラスの使用

紫外線は目からも吸収されるってご存じでした?

あまり知られてはいませんが、目も日焼けするのです。紫外線の強い外国などでサングラスが欠かせないのは、そんな理由があるからなのです。また、目から入った紫外線が体全体のメラニン細胞を刺激してしまう事があるのでこちらも油断しないようにしましょう。

6. 肌や体の水分量を上げる

美白化粧品や日焼け止めを使用しても日焼けしやすい方は、"肌の水分量が足りてない"ことが多いです。

例えると、お魚を焼くときにみずみずしい生魚を焼くのとカラカラの干物を焼くのとでは、焼きあがる時間が全く違います。もちろん干物の方が早く焼き上がります。

人間の肌にも同じ事がいえます。焼けにくい肌のためには、化粧水をたっぷり使用し、飲み物もしっかりとって水分補給を行いましょう。

7. インナーケアを飲んでみる

紫外線は体のどの部分で浴びても影響がでてしまい対策のしようがないような気がします。

そんなことはありません。そんな時にはインナーケアのサプリメントを飲んで、体の内側から紫外線に強いからだを目指すのもありです。ビタミンCやアスタキサンチンなど配合されたサプリやドリンクを飲んで日焼けしにくい体になるというのも一つの手です。

アンチエイジングの医薬品

薬局や通販で美容系のサプリメントってよく見かけると思いますが、サプリメントではなく医薬品。つまり美容系の薬として販売されているものもあります。

販売元は"上場企業アイングループ"。アインファーマシーズ、アイン薬局といえば利用している人も多いと思います。この会社が「薬」として販売しているのがロスミンローヤルという商品

【第3類医薬品】しわ、シミに飲んで効く!女性用保険薬 ロスミンローヤル 270錠

【第3類医薬品】しわ、シミに飲んで効く!女性用保険薬 ロスミンローヤル 270錠

  • 価格: 3,800円/初回限定
  • 出版社/メーカー: 株式会社アインファーマシーズ
  • 主な効能: しみ、そばかす、にきび、はだあれ、小じわ
  • 購入: 4人 クリック: 12回
 

サプリではなく薬なので、厚生労働省がしみ、しわに効く(ロスミンローヤルが国内唯一です)と効果を認可したお墨付きということですね。他のしみ消しの医薬品と類似ではない点として、生薬が含まれていることです。ターンオーバーを正常にした上で、しみを徐々に薄くするという考えです。気になる方は一度チェックしてみてくださいね!。

8. 透明感を出してみる

紫外線対策をやってみてもなかなか白くならない。そんな時には、目指す白さの方向を変えてみてはどうでしょう?

一生懸命美白をしても、"肌がくすんでいては意味がありません"。透明感のある、透き通ったみずみずしい白さを目指して肌の水分量をしっかりあげ、肌の生まれ変わりや血流を良くし、美しい肌を目指してみてはどうでしょうか?

そのためには化粧水・乳液をきちんと使用し、たっぷり睡眠をとり、バランスのいい食事をしましょう。意外とこちらの方が効果的かもしれませんよ

まとめ

いかがでしたか?紫外線ってほんと油断ならないですよね。でもそんなに神経質になる必要はありません。太陽の光だってある程度は体に必要な物ですし、体にも対抗する手段はあるのです。

ただ過度な紫外線は美容の敵となってしまうので、健康な肌と体で紫外線と上手に付き合って健康的な美白を目指しましょう。

著者プロフィール

miyako

MIYAKO

元国内大手化粧品メーカーのスーパーバイザーでした。現在は結婚して専業主婦をしています。