読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

「クコの実」資生堂ピュアホワイトを飲んでみました!値段、効果、感想など

商品レビュー 商品レビュー-資生堂
このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い日が増えてきましたね。涼しくなると紫外線が弱いから、つい油断して美白ケアを止めてしまう方も多いと思います。しかし秋冬に美白ケアをやめてしまうと、春夏の美白ケアで抑止出来ていた肌内部のメラニン生成が「シミ・リバウンド」してしまうそうです。紫外線が弱いから一安心と思いきや、美白は一年中油断禁物です!!

そこで秋冬も美白を極めたい方へ、冬にもオススメ!美白だけじゃない!!スーパードリンク「資生堂 ピュアホワイト」をご紹介します(^^)

f:id:blocube:20161116094736j:plain

「シミ・リバウンド」って?

資生堂は、2000年初頭から「シミ特有の肌生理」の研究を続けてきました。その中で新たにシミ生成のメカニズム”乾燥とシミ悪化因子の相関関係”に着目し、「シミ悪化の要因が紫外線だけでなく、乾燥にもあること」を突き止めました。

f:id:blocube:20161116094806j:plain

これまでの秋冬期のシミに対する考え方

 一般的に秋冬の美白の悩みは、「肌のくすみや透明感のなさ」が挙げられ、これらは「乾燥、肌のターンオーバーの不調や血液循環の不調」が原因で起こります。

一方、シミについては紫外線が最も重要な悪化要因であると認識されているため、多くの人は紫外線が弱くなる秋冬はシミのケアをそれほど気にしなくていい時期と考えています。美白化粧品ユーザーの約3人に1人が秋冬に美白ケアを中止してしまうそうです

資生堂が突き止めた「乾燥とシミの関係」

 シミ部位特有の肌状態の研究を通じて、「シミ部分ではシミ悪化因子が多く存在する事」、そのシミの悪化因子は「肌の乾燥刺激」によっても肌内部で増える事を明らかにしました。そして、紫外線の弱まる秋冬の時期では「乾燥に気を付けるべき要因がある」ことを突き止めました。

 「肌の乾燥」を放っておくと、本来のシミケアに有効な紫外線量が減少する秋冬に、シミの悪化に都合のよい環境を与えてしまうことにつながってしまいます。

資生堂が定義する「シミ・リバウンド」

 「シミ・リバウンド」とは、春夏に美白ケアを続けていた時には抑止出来ていた肌内部のメラニン生成が、秋冬に美白ケアを止めてしまう事で肌内部のメラニン環境が美白ケアを始める前の状態に戻ってしまう事です。これは秋冬に紫外線が弱くなる事でつい油断して美白ケアを止めてしまうことで生じます。

 女性たちの肌悩み調査では、1年を通じて「シミ」が1位に挙がります。しかし、そう感じながらも秋冬に約3人に1人が美白ケアをやめてしまっていることが調査により分かりました。秋冬に美白をやめてしまう約41%の女性が、実は「シミ・リバウンド」予備軍であるという調査結果も出ています。

 日本のスキンケア市場の中で美白市場は、最大規模を占めています。女性の美白意識は年々高まっています。真の美白ケア実現のためには、秋冬も美白ケアを続けて「シミ・リバウンド」を防ぐことが重要になってきます。

 そこで美白だけではなく、美容全般・働く女性のお悩みを解決してくれるスーパードリンク「資生堂 ピュアホワイト」をご紹介します(^^)

資生堂 ピュアホワイトって何?

「美容食品ピュアホワイト」は、1998年に誕生し、資生堂の研究とともに進化を遂げてきました。ピュアホワイト史上最も自然由来の原料にこだわり、「輝きわたる、澄んだ白。」への思いをこめて2016年にリニューアルされました。

f:id:blocube:20161116095212j:plain

古くから美容や健康に良いと知られる、枸杞(クコ)の実の秘めたるチカラに着目し、クコの実と相性のよい東洋の美容成分(アブラ椰子、ライチ種子、ハトムギ、菊花)が複合的に配合されています。

「資生堂 ピュアホワイト」は、ドリンクとタブレットの2種類

「ピュアホワイト ドリンク 50ml×3本 810円(税込)」

  • 華やかなライチ風味で、素早く飲めるドリンクタイプ
  • 1日1本を目安によく冷やして飲みます。
  • ノンカフェイン、保存料無添加。
  • 1本当たり9.5kcal(低カロリー)

「ピュアホワイト タブレット 240粒 4,320円(税込)」

  • 持ち運びに便利で、味が気にならない錠剤タイプ
  • 1日8粒を目安に水などでかまずに飲みます。
  • 1日目安量(8粒)当たり9.9kcal
  • 使用期間:約1カ月 (使用方法にそった使い方での目安)
主な配合成分

〔1本50mL当たり〕と〔8粒(2.72g)当たり〕で同じです。

  • 枸杞(クコ)の実エキス:1,500mg
  • トコトリエノール:7.5mg
  • ライチ種子エキス:50mg
  • ハトムギエキス:25mg
  • 菊花エキス:5mg
  • ビタミンC:500mg
  • ビタミンE:1.8mg

●枸杞(クコ)の実エキス

f:id:blocube:20161116095619j:plain

標高1,000mを超える乾燥した大地で育つ木の実です。強烈な紫外線が注ぐ過酷な環境から自らを守るために真っ赤に熟します。欧米では、有名モデルが好んで食べるスーパーフルーツとしても有名になりました。

そんな枸杞の特産地といわれる中国・寧夏(ねいか)地区の良質な実を一つひとつ手摘みで採取し、日本で抽出したエキスを配合しています。この成分には、美白をサポートする成分が豊富に含まれています。 配合量:1,500mgは、実として2,550mgに相当します。

資生堂は長年の研究から、「クコの実」にカラダ本来の美しさをサポートする力があることを発見しました。
  
●アブラ椰子オイル

f:id:blocube:20161116095643j:plain

天然の恵みを損なわない特許製法で抽出したオイルです。「次世代のビタミンE」ともいわれる「トコトリエノール」を豊富に含み、紫外線に負けない毎日のキレイを応援します。
  
●ライチ種子エキス

f:id:blocube:20161116095655j:plain

ライチの種から抽出したエキスです。ライチは、世界的美女と謳われた楊貴妃も好んだという故事があるように、数千年も前から栽培され珍重されてきた果物です。ワンランク上の美しさを目指すには欠かせない成分です。
  
●ハトムギエキス

f:id:blocube:20161116095708j:plain

ハトムギは、イネ科の植物で、その種子から抽出したエキスです。アミノ酸を豊富に含むことでも知られ、美容と健康に役立つ化粧品でもおなじみの成分です。

疲労回復・滋養強壮に良い食材であると言われています。尿の排出を促進する働きがあるので、老廃物を排出し、血液などの循環が高まるので「高いデトックス効果」があります。さらに血流やリンパ液の流れが良くなることで、新陳代謝が活発になり、「お肌のターンオーバー周期」も整えられます。
  
●菊花キッカエキス

f:id:blocube:20161116095722j:plain

古くから美容や健康によいといわれている菊の花から抽出したエキスです。ポリフェノールの一種であるフラボノイドを豊富に含み、澄んだ毎日にオススメの成分です。

こんな方にオススメ
  1. 美容に関心の高い方
  2. 積極的にビタミンCを摂取したい方
  3. 紫外線が気になる季節も楽しみたい方
  4. 美容パワーを取り入れたい方
  5. 透明感ある毎日を過ごしたい方
  6. 紫外線を浴びる機会が多い方

「クコの実」の効果に注目!

f:id:blocube:20161116095831j:plain

「クコの実」で、一番身近なイメージしやすいものといえば、「杏仁豆腐の上に乗っている赤い実」ではないでしょうか。

この小さな赤い「クコの実」には、驚くべき栄養がたくさん詰まっています。資生堂が「クコの実」に含まれる美白効果を発表したことや、世界中のセレブ達がエイジングケアに取り入れていることなどが話題となり、近頃では「スーパーフード」として注目をされるようになりました。

また、美容効果だけではなく、体の不調を改善するような効果もあることから、中国では古くから漢方や中医学に取り入れられているほど、栄養価の高い食材でもあります。
そんな「クコの実」について、ポイントをまとめてみました。

1. 美容成分が豊富すぎる!

「クコの実」には、なんと100種類のビタミンやミネラルが含まれていると言われています。カロテノイドやビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、リノレン酸、アミノ酸、鉄分、カルシウムなどの各種ミネラルと、食物繊維、ポリフェノールなどの、美容にも健康にも良い成分がたくさん詰まっています。

また、消化器系の分泌や運動を促進するベタインを含むことから、「胃腸病の改善」にも効果を発揮します。さらには、ゼアキサンチン、フィリイエンなども含むために、「滋養強壮効果」を期待できます。

他にも、βカロチンやアルギニン、グルタミン酸、アスパラギン酸などの必須アミノ酸5種や、ニコチン酸なども含まれており、「血管を丈夫にし、血圧の改善や動脈硬化予防」などにも役立つとも言われています。

特に注目したいのが、オレンジの100倍とも言われるビタミンCやポリフェノール類(ルチンやタンニンなど)、カロテノイド類(βカロチン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチンなど)などの、「強い抗酸化力」を持つ成分が多く含まれている点です。

このような成分が多く含まれていることにより、体の酸化を防ぎ、生活習慣病の予防と改善、老化や肌トラブル(シミ・シワ・たるみなど)の「アンチエイジング」などに効果的であると言われています。

2. 様々な美容効果が期待!

「クコの実」に多く含まれるビタミンCやタンニンなどは、シミの原因であるメラニン色素を生成する「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑制し、「メラニン色素の生成や沈着を抑制する効果」があると言われています。

他にも、「クコの実」に含まれる「βシトステロール」という成分が、女性ホルモンのバランスを整える作用を持つため、「女性のPMS(月経前症候群)、更年期の症状の予防や緩和」に効果的であると言われています。このようなことから、ホルモンバランスの不調改善にも役立つため、女性にとっては様々な美容効果が期待できます。

3. 漢方薬としての効果も!

「クコの実」の原産は、中国や東アジアと言われており、中国においては3000年以上も昔から漢方薬や民間薬として珍重されてきました。

「クコの実」には、多糖類と呼ばれる「解毒効果・免疫調整効果」の成分があるため、「体質改善や延命効果」、「不老長寿」、「アンチエイジング」、「精力増進」などに効果があると言われています。

そのため、昔から中医学では生薬として果実部分だけではなく、葉・根皮部分も、余すところなくそれぞれ重宝されており、薬膳としてお粥の具にも使用されています。

中国では「不死の実」とも言われる万能フルーツでもあるため、アンチエイジングには絶大な効果があると言われています。「肝機能の改善」や「抗酸化効果」に優れていることも証明されているため、美容と健康に良い果実として人気があります。

また、世界三大美女と言われる楊貴妃が、美しさを保つために一日3粒のクコの実を欠かさず食べていたというエピソードもあることから、古くからクコの実が高い美容効果を持つ食材として考えられていたことがうかがえます。

4. 冷え性改善

「クコの実」には、ルチンやヘスペリジンなど、ビタミンPと呼ばれる物質を多く含んでいます。これにより血流を促す効果が高く、「血行不良を改善」することができるため、「冷え性」や「肩こり」、「むくみ」などの解消にも役立つと言われています。

また、「クコの実」は鉄分も多く含んでいるため、「貧血の予防や改善効果」もあると言われています。そのため、体内の血液不足から起こる「冷え」や「めまい」などの改善にも高い効果があると言われています。普段から貧血気味の人や、慢性的な冷え性の人におススメです。

5. 高血圧の改善

「クコの実」は、必須アミノ酸5種に加え、ビタミンB1、ビタミンB2、ルチン、ビタミンC、ニコチン酸などを含んでいます。これにより「血管を丈夫にする効果」があるため、「高血圧や低血圧の改善」、「動脈硬化予防」などに有効であると言われています。

また、クコの実のエキスである「クコシエキス」にも、「高血圧を改善する効果」や「コレステロールを下げる効能」があると言われています。

6. 基礎代謝が上がる

「クコの実」には、糖質の代謝を促すビタミンB1や脂肪燃焼を促進するビタミンB2、脂肪の蓄積を防ぐベタインが含んでいます。これにより「代謝促進効果」があると言われています。これらの有効成分により、体内の血流が良くなり、血の巡りが活発になり、新陳代謝がアップします。

基礎代謝を上げる効果も期待できるので、日々運動を欠かさず続けている人や、基礎代謝が低い人にはおすすめの食材です。また、「クコの実」に含まれるビタミンCは、血中の白血球の働きを活発にするため、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防するなど、「免疫力を上げる効果」もあると言われています。

7. 目の疲れに効く

「クコの実」は、「飲む目薬」と呼ばれるほど、目に有効な成分がたくさん含まれています。「βカロチン」や「ゼアキサンチン」などの、豊富なカロテノイドの働きにより、視力低下や白内障、緑内障などの予防にも効果的であると言われています。

また、「ゼアキサンチン」には、紫外線などにより目が酸化することを防ぐ働きや、目の網膜を保護する働きがあります。

8. 疲労回復

「クコの実」には、ビタミンB1やアミノ酸(アルギニン酸、グルタミン酸、アスパラギン酸など)を含み、フィリイエン、アルカロイドなどの生成を促進させる成分も含んでいます。これにより「疲労回復」にも効果があると言われています。

ビタミンB1には、体内で糖質を効率よくエネルギーに変える働きがあるため、乳酸の蓄積を抑制し疲れを防ぐことができることから、「疲労回復を早める」効果があります。そのため、運動後などに摂取すると効果的です。

9. ダイエット効果

「クコの実」には、ビタミンB2などによる糖質の代謝を促進する成分や、脂肪燃焼を促進する成分を含んでいます。これにより「ダイエット効果」も期待できます。糖質や脂質などの「エネルギー転換・代謝向上の効果」も期待でき、「血行促進効果」との相乗効果によって、ダイエットのサポート的役割を果たすことができるからです。

ただし、クコの実のカロリーは高めなので、あまり大量に摂取すると逆効果になる場合があるため、注意する必要があります。

クコの実の短所

こんなにいい効果が沢山ある「クコの実」ですが、短所もあります。

ナス科に属するために、「クコの実」は、食べ過ぎると身体を冷やしてしまい、下痢や腹痛を引き起こしてしまうことがあります。また、摂取のし過ぎは血圧が下がりすぎてしまう恐れもあるため、摂取量は1日に適量とされる20粒程度におさえるといいそうです。

また、食物アレルギーがある場合には、クコの実の摂取は避けた方が良いでしょう。他にも、妊娠中や授乳中の人、低血圧な人、胃腸虚弱な人、消化不良になる人、下痢気味である人などは、クコの実を摂取した際に体調不良となる可能性があるため、注意してください。


食べ過ぎや食物アレルギーという注意点はありますが、クコの実には、100種類もの様々な栄養素が含まれており、その効能はとても幅広いです。

アンチエイジングなどの「老化防止効果」や「美容効果」、血液の循環を良くし「冷え性の改善」や「基礎代謝を上げる効果」から、「ダイエット効果」にもつながります。また、目にも有効な成分をたくさん含んでいるなんてビックリです!

資生堂 ピュアホワイト(ドリンク)のレビュー

f:id:blocube:20161116100605j:plain

「クコに実」には女性にとって魅力的に効果が沢山詰まっています!でも、なかなかクコの実だけを食べるのは難しいですよね・・・私も食べたことがありますが、クコの実は固くて酸っぱくてなかなか20粒も食べられないです(><)

「資生堂 ピュアホワイト(ドリンク)」は1本270円ですが、ドリンクの即効性がオススメポイントです!

ノンカフェインなので夜寝る前に飲むと次の日の朝にはお肌の透明感が抜群に良くなります。合コンやデート前など、今日はいつもより頑張りたいなという日には欠かせません!!

20代からの愛用ドリンク

実は私は、20代から「資生堂 ピュアホワイト」を飲んでいます。出会った時には、「こんな画期的なものがあったなんて!!」と感動しました(笑)

学生時代は水泳部で日焼けを沢山していて真っ黒だったので、美白には人一倍関心がありました。また、仕事が忙しすぎてスキンケアが面倒くさいって時も飲むだけでいいので楽ちんでした。そして、ビタミンCやハトムギも入っていたので身体の調子も良かったです(^^)

最初に飲み始めたころから何回かリニューアルしており、味がどんどん飲みやすくなっていきます!

昔のメイン成分は「アスタキサンチン」でしたが、現在は「クコの実エキス」がメインになってフルーティーさが出ています(^^)

f:id:blocube:20161116100844j:plain

ビンがお客さまの声を反映したパッケージになっています。

①他の栄養ドリンクより軽いので捨てるのが楽
約10%軽量化し、1本あたり約8gです。確かに他の栄養ドリンクのビンと比べると軽さがわかりました。

② ラベルがはがしやすい
ラベルが、はがしやすい「はがレーベル」を採用しています。飲んでるドリンクの銘柄を知られたくない時や分別の際に、たまにはがしにくいラベルってありますよね・・・そんなストレスが一切なくなるはがしやすさでした!!何枚でもはがしたくなります(笑)

細かい部分ですがこういった所もこだわっているのは素晴らしいと思います。

実際に飲んだ時の味について

f:id:blocube:20161116101131j:plain

見た目はちょっとお茶ようです。
昔は「アスタキサンチン」がメイン成分だったので赤かったのですが、変わりましたね~こちらの方が飲みやすそうです。

味は、酸っぱいです。美容ドリンク独特の薬っぽさはしないです。私が今まで飲んだジュースの中で一番近い味はアセロラドリンクですね。ビタミンCが入っているので、酸っぱいですが美容ドリンクの中では美味しいほうではないでしょうか。昔の「アスタキサンチン」独特の魚っぽさが消えてとっても美味しくなっていてビックリです(笑)

香り

香りは、少し酸味があるフルーティーな香りです。
ライチの香りです。そんなにきつい香りはしないです。

おススメの飲み方Part1「飲むサングラス」

f:id:blocube:20161116101728j:plain

上記でも述べたように「クコの実」は、目に有効な成分がたくさん含まれています。外出時にはお肌には日焼け止めを塗れますが、目には塗れませんよね。サングラスをかけて紫外線対策という方法もありますが、夏はまだいいとしてもその他の季節にサングラスをかけることに少し抵抗があります。

そんな時にはこのピュアホワイトです。出かけ前に飲むだけでいいので季節を問わず、自然に紫外線対策ができます。目から紫外線が入ることによりお肌にシミができることもあるそうなので油断はできません(><)

今日は沢山紫外線を浴びてしまうという日には、日焼け止めと「ピュアホワイト ドリンク」のダブルで紫外線対策をします!

おススメの飲み方Part2「二日酔い対策」

f:id:blocube:20161116101814j:plain

ここだけの話ですが、資生堂の方たちの間では「二日酔い対策」として「ピュアホワイト」を飲むのは有名です。「クコの実」成分だけではなく、「ハトムギエキス」が配合されているので、「高いデトックス効果」で二日酔い対策に期待ができます。

私はそんなにお酒を飲まないので二日酔いで悩まされたことは、少ないのですが代謝が上がるので、次の日に「お酒によるむくみ」で悩まされたことはないですね(^^)

おススメの飲み方Part3「コラーゲンと合わせて飲む」

f:id:blocube:20161116101914j:plain

「クコの実」の成分の「ビタミンC」は、コラーゲンを作る原料にもなることから、コラーゲン生成促進効果もあると言われています。さらに、「コラゲナーゼ活性阻害作用」もあるので、体内のコラーゲンを守る働きも期待できます。

コラーゲンの生成促進と減少防止のダブル機能で、肌トラブルの悩みを解決することできます。コラーゲンを飲んでいる方は、多いとは思います。相乗効果が、かなり期待できるので色白な美肌を目指している方には、ぜひオススメしたいです(^^)

まとめ

いかがでしたでしょうか?「クコの実」のパワー凄いですね!!

名前が「ピュアホワイト」なので美白だけかと思いましたが、それだけではありません!「冷え性対策」や「基礎代謝UP」も期待できるので、夏だけではなく冬に飲むのもオススメです。

お安いドリンクはではありませんが、美白だけではなく、「冷え性」、「アンチエイジング」、「疲労回復」、「基礎代謝UP」、「目にいい」など沢山の効果が期待できます。

毎日続けて飲むには高いという方は、「ピュアホワイト タブレット」がオススメです。コスパが良く持ち運びしやすいです。

私はダブル使いで、普段は「ピュアホワイト タブレット」、合コンやデート前などには「ピュアホワイト ドリンク」を飲むという方法をしています。やはり即効性はドリンクタイプのほうがありますね。

定期的に飲まれたいという方は、お得な美容食品メートもあります。

f:id:blocube:20161116102044j:plain

美容ドリンクに興味をお持ちの方は、一度試してみる価値ありです(^^)資生堂公式オンラインのワタシプラスのレビューも参考になりますよ。

資生堂公式オンラインサイトはこちら

著者プロフィール

miyako

MIYAKO
某国内大手化粧品メーカーのスーパーバイザーをしていました。現在は結婚して専業主婦。

関連記事