スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

どうする?メイクを落とさず寝てしまった翌日にする7つの対処方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

激務や飲み会のせいで、うっかり化粧を落とさず寝てしまった!肌に悪いことはわかっているのに、ついついやってしまう人は多いですよね。

寝てしまうと、メイクを落とし忘れた化粧の油分は酸化してしまい、肌の老化を早め、毛穴の黒ずみやシミ・シワまで増えてしまうことも。

そこで今回は、そんな化粧を落とさず寝てしまった翌日にできるケアをご紹介します。

1. 翌日はゴールデンタイムに寝る。

f:id:blocube:20150413230107j:plain

お肌を若返らせるのには、睡眠が一番重要です。

メイクをして寝てしまった翌日にはしっかり睡眠をとり、弱った肌を甦らせましょう。

肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすい、午後22時~午前2時までのゴールデンタイムには寝てるようにしてください。

2. お風呂に入って身体をしっかり温める。

f:id:blocube:20150312191554j:plain

老化を遅らせるには、新陳代謝をあげることが大切です。

メイクをしたまま寝てしまった翌日は、お風呂にじっくり入って身体を温め、身体の代謝を上げましょう。

毛穴を開く効果もあるので、つまっていたメイクも落ちやすくなりますよ。

3. いつもよりしっかりクレンジングする。

f:id:blocube:20150309223434j:plain

メイクをしたまま寝ると、毛穴に汚れがつまり、メイクの油は酸化しています。

翌日のクレンジングは、いつもよりも入念に行うようにしてください。もちろん、だからといってゴシゴシ擦るのはNGです。

クレンジングの前に蒸しタオルなどで毛穴を開くのもおすすめですよ。

4. 保湿系パックをする

f:id:blocube:20150309224622j:plain

化粧を落とさず寝てしまうと、皮膚はいつもよりも乾燥します。

翌日は保湿効果が高いパックをして、肌に潤いを与えましょう。手軽なシートマスクでもいいですし、ローションパック、フレッシュパックなども効果的です。

潤わせたいからと、いつもより長い時間行うとかえって水分が失われてしまいますから、時間はきっちり守ってくださいね。

5. 代謝をあげる食事を摂る

f:id:blocube:20150312213007j:plain

老化を遅らせるため、メイクをしたまま寝てしまった翌日は、代謝を上げる食事を摂るようにしましょう。

ビタミン、亜鉛、セラミドなどが多い食品は、新陳代謝をあげてくれます。野菜やフルーツ中心の食事にし、良質のたんぱく質も摂るようにしてください。

また、代謝が下がるので、夏でも身体を冷やすようなものは食べないほうがいいでしょう。

 

6. 翌日はメイクをしない

f:id:blocube:20150312220257j:plain

メイクを落とさなかったせいで、肌にとても負担をかけてしまいました。できるなら翌日はすっぴんで過ごすようにして、肌を休ませてあげてください。

ただ外出する場合は、UVケアだけはしっかり行うようにしましょう。どうしてもメイクする必要がある場合は、お粉だけしてポイントメイクをするなど、肌の負担にならないメイクを心がけましょう。

7. タバコは吸わない

f:id:blocube:20150413230618j:plain

もともとタバコはお肌の大敵です!タバコは体内に大量の活性酸素を発生させ、お肌を老化させてしまいます。さらに血流を悪くしたりと、いいとこなしです。

わかっていてもタバコを止められない人は、せめてメイクをしたまま寝てしまった日の翌日は吸わないようにしてください。

まとめ

なんとイギリスの研究で、1ヶ月メイクを落とさずに生活した女性は10年分肌が衰えたという結果が出たそうです。

それほどメイクを落とさずに寝ると、肌にダメージがあるんです。ついやってしまった翌日は、できるだけ肌を労わりケアをしっかり行いましょうね。

著者プロフィール

sora

SORA

ものを書くのが大好きです。好奇心旺盛で美容・旅行・グルメと幅広く学んでいます。