スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

顔の毛穴の開きを隠す方法「基本的7箇条」

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性からしてみると、毛穴なんて気にしてないだろうから分からないと思うけど、女性にとって毛穴は必ず上位に来る悩みです!

アンケートをとったらニキビといい勝負になるはずです(笑)

というわけで、今回は毛穴の開きを抑えて隠す基本的な方法をまとめてみました。定番だけど間違いはないという方法をご紹介します。

洗顔をきちんと行う

f:id:blocube:20150309223434j:plain

毛穴が目立つということは、単純に毛穴に汚れが溜まっている場合があります。

洗顔は、洗顔ネットで泡を立てて、泡で顔を包むように洗います。より細かい泡が顔の汚れを吸着してくれます。

ごしごし洗って肌を傷つけないように、泡で丁寧に洗いましょう。より細かく、持ちがよい泡が立つ洗顔料が質が良いものとなります。

保湿する

f:id:blocube:20150309223617j:plain

洗顔したあと、放置では肌にとってよくありません。汚れをしっかり取った後、化粧水でしっかり肌を引き締めましょう。

水分が足りない肌は、油分を出そうとして、また毛穴が開くきっかけとなります。オイリー肌がひどくない場合は、乳液もきちんとつけて、肌にふたをする必要があります。

きちんとケアをすることが、毛穴を目立たせないことになってきます。

脂取り紙を使う

f:id:blocube:20150309223751j:plain

どうしてもオイリー肌の場合は、脂取り紙で積極的に油を摂りましょう。皮脂でギトギトの肌は、それだけで毛穴が目立ってしまいます。

しっかり脂取り紙で皮脂を取っておきましょう。夏場は次々と皮脂が出ますが、こまめにお手入れをすることで、毛穴が目立たなくなります。

外出時は肌水を付けて、保湿も行っておきます。

ティッシュオフする

f:id:blocube:20150309223951j:plain

脂取り紙が、必要な皮脂を取ってしまって心配な場合、ティッシュオフしてみましょう。

ティッシュなら普段持ち歩いているので、手軽にすることもできます。

ティッシュを肌の上に乗せて、やさしくふき取ります。余分な皮脂のみとれるので、乾燥することもないです。

余分な皮脂はニキビになることも多いので気をつけましょう。

皮脂に強い毛穴を防ぐような下地を使う

f:id:blocube:20150309224150j:plain

化粧をするときに、一番肝心なのは下地になってきます。

ベースがきちんとできていれば、崩れることも防げます。優秀な下地もたくさん出ているので、気になる鼻やおでこなのに、塗っておきます。これがいいか悪いかで、崩れるペースが変わってきます。

毛穴に丁寧に塗って、崩れることを防ぐようにします。化粧水乳液のあとなので、浸透しやすいです。

皮脂を吸収するようなファンデーションを使う

f:id:blocube:20150309224311j:plain

乾燥肌用のファンデーションより、夏向けのオイリー肌向けのファンデーションのほうが、毛穴を目立たなくさせる可能性が高いです。

また、こまめに化粧直しをして、常に肌の上を清潔にしておきましょう。

化粧崩れによって、毛穴を皮脂でふさいでしまって起こる、肌荒れを防ぐことができます。こまめな化粧直しが毛穴を隠します。

コットンパックをする

f:id:blocube:20150309224622j:plain

洗顔によって水分が失われたり、化粧によって肌が疲れたりすると、肌が乾燥がちになってしまいます。

化粧水をコットンパックして十分な保湿をしていきます。パックは癒しの効果と、収斂機能があれば、肌も引き締まります。

水分が足らずに、毛穴が開いてたるんでしまって大きく見えることを、隠すこともできます。

著者プロフィール

yuki

YUKI

実家暮らしで犬バカなWEB系OL5年目の女子です。ニキビケアに悩んだ時期があったので少し知識があります。