読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

知っておこう!乾燥肌と敏感肌の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

肌トラブルが起こりやすいとされている乾燥肌と敏感肌。どちらも同じものだと混同されがちですが、じつはこの二つは別物です。

乾燥肌なのに敏感肌だと思っていたり、逆に敏感肌なのに乾燥肌だと思って、間違ったスキンケアをしている人も少なくありません。

そこで今回は、乾燥肌と敏感肌のちがいについて理解しましょう。

乾燥肌とは

f:id:blocube:20150706143721j:plain

肌のタイプには大きく分けると「脂性」「乾燥肌」「混合肌」「普通肌」の4種類があります。

肌のタイプは4種類

  1. 脂性
  2. 乾燥肌
  3. 混合肌
  4. 普通肌

乾燥肌とは、肌の表面の水分が不足し、うるおいが足りていない肌の状態のことです。

人間の肌の表面には角質層があり、これが外界からの刺激を防ぐバリアの役割をしています。ところが、乾燥肌の人の肌は水分不足のために角質層が薄く、ところどころはがれたりしているせいで、バリア機能が正しく機能していません

そのせいで、普通なら守りきれるような些細な刺激にも肌が反応し、肌トラブルが起こりやすくなっているのです。また、乾燥肌の人はシミやシワができやすいと言われています。

食事や生活習慣の乱れ、睡眠不足、ストレス、間違ったスキンケアなどが乾燥肌の原因となります。

敏感肌とは

f:id:blocube:20150706144040j:plain

じつは、敏感肌とはこういうものであるという決まった定義はありません。

しかし、おおむね、普通ならば問題のない低刺激にも過剰に反応し、肌が赤くなったり痒みを感じるなどトラブルが起こる状態の肌のことを指します。

医学的に認められえているものではありませんが、自分は敏感肌であると感じている女性はとても多く、あるアンケートでは40%以上の女性が「自分は敏感肌である」と答えたそうです。

企業もそれに着目し、敏感肌用のスキンケアやメイク用品が増えてきました。敏感肌はいまやほとんどの女性に認知されてきているのです。

後天的な敏感肌

敏感肌には先天的にアレルギー反応を起こしてしまうタイプと、後天的に肌が過敏になってしまったタイプが存在します。

後天的に敏感肌になる原因は、加齢、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、環境の変化、季節、乾燥、間違ったスキンケアなど、多岐に渡り、複数の要因がいくつも混ざり合って起こることも少なくありません。

乾燥肌、敏感肌を改善する方法

このように、乾燥肌が進むとわずかな刺激にも敏感に反応するようになりますし、敏感肌は乾燥が原因で起こることがあるので、混同されやすいのです。

また、どちらも生活習慣の乱れやストレス、間違ったスキンケアなどによって起こることが多く、それらを改めると肌質を改善できることができます。

肌の表面を潤しても、身体の内部が乱れていては、根本的な解決にはなりません。乾燥肌用や敏感肌用のスキンケア用品をそろえる前に、まずは自分が乱れた生活をしていないかもう一度考えてみることが大切でしょう。

 参考記事

水洗顔のすすめ

乾燥肌、敏感肌どちらにも効果があるとされているのは水洗顔です。

方法は簡単で、クレンジングや洗顔フォームなどはいっさい使わず、水やぬるま湯だけで洗顔を行います。

弱っている肌にクレンジングや洗顔フォームをつけると、肌に必要な皮脂やセラミド、保湿因子まですべて取り除いてしまいます。

クレンジングや洗顔フォームのせいで乾燥肌や敏感肌になってしまったという人も珍しくありません。そこで、水洗顔を続けることで角質を培養し、肌のサイクルを正常に戻していくことで、肌質の改善をはかります。

熱すぎると皮脂がとけて流れ出してしまうので、必ず水かぬるま湯で行うようにしてください。朝晩二回だけ行い、なるべく肌をこすらないように洗顔します。

クリームタイプのクレンジングのすすめ

メイクをしている人は、低刺激なクレンジングクリームなどを使い、朝は水洗顔ですませるなどするといいでしょう。

まとめ

このように、乾燥肌と敏感肌は似ていますが別物のです。自分はどちらのタイプなのか理解し改善につくしましょう。

著者プロフィール

sora

SORA

ものを書くのが大好きです。好奇心旺盛で美容・旅行・グルメと幅広く学んでいます。