読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

助けて!うっかり日焼けしてしまった時の6つの対処方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:blocube:20150424213018j:plain

春ごろから、日差しに含まれる紫外線の量はどんどん増えてきます。

まだ大丈夫とUVケアをし忘れて出かけてしまい、帰ってきたころにはとんでもない日焼けをしていたなんてことも珍しくありません。

でも、紫外線はお肌の大敵!うっかり日焼けをしてしまったときは、次の6つのケアを行ってください。

1. しっかり冷やす

日焼けとは、皮膚が軽いヤケドをしているのと同じ状態です。まずはしっかり冷やしましょう。

氷水で濡らしたタオルや、氷のうをタオルでくるんだものを顔に当てます。

2. たっぷり保水する

日に焼けた肌は、水分を奪われカラカラに乾燥しています。

冷やしてほてりが取れたら、つぎはしっかり保水しましょう。いつもの倍以上の化粧水を使い、お肌を刺激しないように、しっかり水分を行き渡らせます。

パッティングなどは刺激が強すぎるので止めてください。手のひらの熱を使って、肌に押しこむように浸透させます。

冷やしながら保水ができるので、ローションパックやシートパックなどを行うのもおすすめです。

3. 保湿を行う

たっぷり補充した水分を逃がさないように、きちんと保湿を行いましょう。擦らないようにしつつ、塗り残しがないように気をつけてください。

4. 美白用化粧品は使わない

前に書いたように、お肌は軽度のやけどを負った状態です。そこに刺激の強い美白化粧品を塗ってしまうと、刺激でますますお肌が痛んでしまいます。

すぐに黒くなるのを防止したい気持ちはわかりますが、美白化粧品は日焼けから数日たって、お肌の調子が整ってから使うようにしましょう。

5. 日焼けに効く栄養素を摂る

お肌は痛んでいるため、すぐ美白ケアを行うことができません。そこで、まずは以下のものを食べて、身体の中から美白ケアを行いましょう。

ビタミンA

紫外線によってできた活性酸素を除去してくれます。皮膚の再生を助け、乾燥や肌荒れを改善してくれる効果もあります。

トマト、にんじん、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンC

美白にもっとも効果があり、メラニン色素の生成を防止してくれます。

レモンなどの柑橘系や、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草など、フルーツや野菜に多く含まれています。

ビタミンE

血液の流れをよくして、肌のターンオーバーを促します。ビタミンCととても相性がよく、効果が倍増するので、ぜひ同時に摂るようにしましょう。

ナッツ類、アボカド、たらこなどの魚卵に多く含まれています。

たんぱく質

お肌の原料となるのはたんぱく質です。いくらほかの栄養をたっぷり摂っても、たんぱく質が不足していては、お肌を再生することができません。

ハリやツヤに関係してるコラーゲンもたんぱく質からできています。

肉、魚、大豆成分などに多く含まれています。

βカロチン

βカロチンは体内でビタミンAに変わるため、同様の効果が期待できます。お肌のターンオーバーを活発にするため、日焼けした肌の再生を助けてくれますよ。

カボチャ、小松菜、パセリ、にんじんなど緑黄色野菜に多く含まれています。生よりも茹でたほうが、吸収率がアップします。

6. 皮がむけてきても、むかない

ひどい日焼けをすると、皮がむけることがあります。気になって、ついつい指で引っぱって取ってしまう人がいますが、肌を痛めてしまうので絶対に止めてください。自然に落ちるまで我慢しましょう。

 日焼け後にきちんとケアをするかどうかで、その後のお肌の調子はまったく変わってきます。うっかり日焼けをしてしまったら、落ちこむ前にまずは集中ケアを行いましょう。

関連記事

著者プロフィール

sora

SORA

ものを書くのが大好きです。好奇心旺盛で美容・旅行・グルメと幅広く学んでいます。