読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

融点は24℃。冬場は白く固形になるココナッツオイルの使い方

基礎化粧品 基礎化粧品-オイル
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ココナッツオイルが人気ですよね。ココナッツオイルはジャムのようなビンにつまっていて、真っ白で固形になっていて意味が分からない人もいるのでは?

なんでオイルなのにあんな固形になっているんだー!と思ったり。

そこで今回は、ココナッツオイルの使い方について学んでしまいましょう。

ココナッツオイルが液体ではないわけ

f:id:blocube:20150417162740j:plain

ココナッツオイルが真っ白の状態を見た人は、涼しい店舗の中か、夏以外の季節ではありませんでしたか?

というもの、ココナッツオイルの融点は24℃前後だからです。

これはオイルの中でも、高めになります。

25℃以上になると、無色透明のさらっとした液体になります。そのため、夏場に日のあたる場所においておくと、液体の状態を見ることができます。

不思議なオイルですが、この特性をいかした上手な使い方があるのです。

ココナッツオイルの使い方

1. 食事に使う場合

大抵はやわかい固形で、温めると解けるものといえばバターがありますが、バターのかわりにトーストに塗って食べるのがおすすめです。

ココナッツの香りがふんわり香り、パン本来の甘さを引き立ててくれます。シナモンやココアを加えたりして、味を変えてみるのも楽しいですよ。

料理に使いたい場合、バターと同様に使えるということで、バター炒めのかわりにココナッツオイル炒めにすると簡単に使えます。

熱を加えるとサラサラになるため、食用油やオリーブオイルと同じように、焼くときの焦げ付き防止や、カレー、シチュー、パスタ、揚げ物、なんにでも使うことができます。

それさえ面倒と、コーヒーなどの温かい飲み物に混ぜて飲むという人もいます。

2. スキンケアに使う場合

ココナッツオイルはスキンケアにも使用することができます。使用するときは、手のひらの熱で液体にしてから使用してください。

乳液のかわり、メイク落とし、ボディクリームにと、身体全部のケアにココナッツオイルは使用できるんです。

3. ヘアケアに使う場合

ココナッツオイルは、皮膚だけでなく髪にまで効果を発揮します。

流さないトリートメントとして

流さないトリートメントとして使う場合は、べたつかないよう極少量を毛先につけ、やさしく揉みこみます。

スペシャルケアとして

スペシャルケアのヘアパックとして使用したいときは、手のひらで温めサラサラにしたココナッツオイルを、頭皮まで届くように髪につけ、マッサージします。

ラップか蒸しタオルで包み、1時間くらい放置してから、いつものように洗髪して完了です。

熱で浸透させやすくなるため、お風呂の中で行うといいですよ。

まとめ

このように、ココナッツオイルは食べてよし、塗ってよしのスペシャルオイルです。しかも、美容や健康にすばらしい力を発揮します。

使い方がわからず躊躇していた皆さん、今度こそココナッツオイル生活をはじめてみませんか?

著者プロフィール

miyako

YUKI
IT関連の仕事をしているOLです。大人ニキビ肌で悩んだ経験あり。新作コスメのサンプルや試供品を試すのが趣味です。

関連記事