読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

美白化粧品でチェックする成分!シミや赤いニキビ跡を消す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

"シミ"やニキビが治った後の"赤み"。これらを改善するために美白化粧品を利用する人も多いと思いますが、今回は美白効果のある成分についてまとめました。

最初にシミが出来る仕組みについて簡単に説明します。

シミが出来る理由

f:id:blocube:20150527153426j:plain

シミやニキビ痕はメラニンを含んだ表皮細胞です。ターンオーバーが正常に行われている時は、この表皮細胞は剥がれ落ちて、本来の肌色に戻るのですが、何らかの原因で排出されずに残ってしまったのがシミなんです。

メラニンは刺激に対する防御反応として作られるので、以前浴びた紫外線のダメージがシミとなって現れることもあるし、ニキビなどの炎症もシミになりやすい状態を作ります。

美白ケアとは?

日焼け止めや日傘などでUVカットして紫外線からのダメージを防ぎ、受けてしまったダメージは、シミにならないように美白成分でケアし、できてしまったメラニンにできるだけ早い排出を促すのが美白ケアなんです。

美白成分は「予防」と「還元(漂白)」2つの働きで分けられる

f:id:blocube:20150527153623j:plain

黒いメラニンが表皮に表れるまでには4つのステップに分かれていて。

  1. 外部刺激からメラニンを作れと表皮の底へ伝える
  2. 情報が伝わり表皮の底でメラニンを作成
  3. 肌細胞へのメラニンの受渡
  4. 角質層まで黒化したメラニンを押し上げる

美白成分は1~3の段階で抑制する「予防成分」と出来てしまったメラニンを「漂白・還元」して色を薄くする2つの働きに分けられます。

漂白・還元の効果がある主な美白成分

ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、L-シスチン、エナジーシグナルAMP、油溶性甘草エキス、(プラセンタエキス)

予防の効果がある主な美白成分

アルブチン、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、カモミラET、m-トラネキサム酸、t-AMCHA、リノール酸S、コウジ酸、マグノリグナン

※太字は注目しておきたい成分

1. ビタミンC誘導体【漂白・還元、予防】

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCとは似て異なるものです。ビタミンC誘導体が肌に吸収され、酵素反応した結果、ビタミンC誘導体へ変化します。

ビタミンC誘導体がお肌に浸透すると、メラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を防いだり、すでにできてしまったシミやそばかすを消したり、薄くしたりすることができるといわれています。

この美白効果の他にも、お肌のハリを保つ「コラーゲン」を増やす働きもあります。このように、ビタミンC誘導体には優れた美肌効果が豊富にあり、近年非常に多くの注目を集めています。

このビタミンCがニキビに良いといわれているのは、抗炎症作用と、皮脂分泌抑制作用にあります。過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まってしまってできたニキビも、ビタミンC誘導体を塗ることでよくなるといわれており、毛穴も引き締まるのです。

2. ハイドロキノン【漂白・還元、予防】

ハイドロキノンとは、ずばりお肌の美白剤です。ハイドロキノンとは、一言で説明すると、ズバリ〝お肌の美白剤〟ということになりますが、ではいったいなぜ、お肌の美白剤と呼ばれるのか… !?

それは、この成分の働きにありますハイドロキノンは、シミやシワの原因であるメラニン色素を生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制し、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)の数を減少させる作用を持っています。そのため、ハイドロキノンを治療したい肌に塗布すると、シミやシワが徐々に薄くなると共に予防する働きがあるのです。

ハイドロキノン以外の物質、つまり具体的には、ビタミンCやプラセンタ・コウジ酸なども、シミやシワ予防、美白対策には有効となります。

3. トラネキサム酸【予防】

"資生堂"が抗炎症剤を改良して開発した成分。美白・肝斑治療効果と副作用 日焼けや加齢によるシミ、そばかす、肝斑、摩擦による色素沈着など、シミのタイプはさまざまです。

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸(トランサミン)には、メラニンの生成を抑制する作用、炎症を抑える作用などがあり、肌荒れやシミ、そばかすを改善し予防する効果があります。

4. アルブチン【予防】

アルブチンとは、お肌の漂白剤として美容皮膚科などでも使用される美白効果成分ハイドロキノンの配糖体で、美白効果に優れるとし、厚生労働省にも認可されている薬用(医薬部外品)の美白成分です。

アルブチンには、ウワウルシ・コケモモ・ナシなどの葉に含まれている天然のハイドロキノン配糖体「β-アルブチン」と、江崎グリコが開発している独自開発の配糖化酵素により、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた「α-アルブチン」という成分があり、最新の美白化粧品には、特に効果と安全性が高いといわれるα-アルブチンが利用されている事が多いです。

5. リノール酸S【予防】

リノール酸は不飽和脂肪酸の中の多価不飽和脂肪酸に分類する液体の油です。体内で合成できないため、食品から摂取する必要があります。リノール酸はコレステロール値や血圧を下げるとして注目されてきました。

サフラワー(紅花)油から抽出されるもので、メラニンを作る酵素チロシナーゼを分解する働きがあります。リノール酸は油性のため肌への浸透効果が高すぎて、メラニンがある細胞層を通過してしまうため、高い効果が得られにくい点を改善したものがリノール酸Sになります

6. ルシノール【予防】

ルシノールはシベリア地域のモミから抽出し、「4-n-ブチルレゾルシノール」という表示でシミを除去する美白化粧品として販売されていることが多いです。

ルシノールの働きで特筆すべき点は、メラニンをロックしてシミを根絶する作用が高いというものですが、通常、肌が紫外線を浴びると、細胞の中に存在するメラノサイトにはチロシンと酵素のチロシナーゼという物質が生まれ、それが結合した際に、肌が墨を吐いた様にメラニン色素が出来てしまいます。

7. エラグ酸【予防】

エラグ酸とはザクロ、イチゴ、ラズベリー等に含まれる天然のポリフェノールの一種です。エラグ酸には強い抗酸化作用を持ち、ガンを抑制する効果や糖尿病を予防する効果、炎症を抑える効果、アンチエイジングなど、様々な効果を持つ成分として注目されています。

エラグ酸は「肌の漂白剤」といわれるハイドロキノンと並ぶほどの美白効果があるといわれています。エラグ酸の生成方法には様々あり、没食子酸から合成することも可能ですが、コストの問題から化粧品として利用されるエラグ酸はタラというマメ科の植物から抽出したタラタンニンという水溶性化合物を酸化して生成する場合が多くあります。

8. マグノリグナン【予防】

マグノリグナンは、モクレン科の木の皮で、漢方にも用いられている厚朴(コウボク)に多く含まれるポリフェノールの一種「フェノール性二量体」という成分です。

美白成分というと、チロシナーゼの働きを阻害するものがほとんどですが、マグノリグナンは、研究の結果、非常に高いメラニン生成抑制効果が確認されたものの、チロシナーゼの阻害作用はないとのことです。

では、なぜ美白に効果があるのかというと、マグノリグナンには、チロシナーゼの成長を阻害する作用があります。未成熟なチロシナーゼは、メラノサイトへと移動することなく留まり、やがて分解されてしまいます。

チロシナーゼの働きを阻害するのではなく、チロシナーゼそのものの数を減らすことで、メラニンの発生を防いでいるのです。そのため、いわゆるシミだけでなく、肝班、そばかす、ニキビ跡の黒ずみなど、シミ全般に対して効果があるようです。

9. プラセンタエキス【予防】

哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスのことを、一般的に「プラセンタ」と呼んでいます。 母体と胎児を結ぶ胎盤は、1個の受精卵をわずか10ヶ月で約3000gの赤ちゃんに育て上げる、驚くべき機能を持った臓器です。

胎盤には、メラニンを創るチロシナーゼを抑制する働きが強いので、美白効果が期待されています。また、アミノ酸やタンパク質、脂質、糖質などの栄養素と、身体の働きを活発にするビタミン・ミネラル・核酸・酵素といった生理活性成分、細胞の新陳代謝を促す成長因子など、胎児の成長に欠かせないあらゆる栄養素が含まれています。

10. カモミラET【予防】

古くから美肌のハーブとして知られているカミツレ(カモミラET)ですが、紫外線を浴びても、なかったことにしてくれる、嬉しい効果があります。

美白成分のほとんどは、メラニン色素を阻害したり、メラノサイトの生成を抑制するのですが、カモミラETの場合は、メラニン色素を生み出す指令を出しているエンドセリンからの情報伝達の働きをブロックするからです。

高いアレルギー抑制作用や、炎症抑制効果も認められており、ニキビ用の化粧品に配合されることもあります。保湿や収れん作用などもあるため、美肌全体に効果の高い成分といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

美白成分というと、「肌の色素沈着を薄くするもの」だと思いがちですが、「メラニンの生成を予防する働き」が中心で、「薄くする作用をもつ成分」は僅かなんです。

つまり、UVケアと美白化粧品でメラニンの生成を抑制して、ターンオーバーで排出していくというのが美白ケアの中心。

それにプラスしてビタミンC誘導体やハイドロキノンなど"漂白/還元作用"をもつ成分で、酸化した黒褐色のメラニン色素を薄くして、還元型の色の薄いメラニン色素にしていきます。

今後、美白化粧品を選ぶときは成分にも注目してみてくださいね!

関連記事

著者プロフィール

yuki

YUKI

IT関連の仕事をしているOLです。大人ニキビ肌で悩んだ経験あり。新作コスメのサンプルや試供品を試すのが趣味です。