スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

美肌の敵!便秘を改善する7つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:blocube:20150425212638j:plain

お通じに悩んでいる人はいませんか?

肌荒れがひどくなったり、顔がむくんだりと、お通じが悪いと美容にも影響が出てしまいますよね。

そこで今回は、お通じをよくする方法についてご紹介します。

女性が便秘になりやすいわけ

便秘はいろいろなことが原因で起こります。

しかし、男性とくらべてみても、女性のほうが便秘に悩んでいる人が多いです。

なぜなら、女性は日によってホルモンのバランスが変わります。排卵日から生理が来るまでの間は、プロゲストロンの働きが強くなり、それによって腸の動きが弱くなってしまうのです。

女性の中には、生理前だけ便秘になるという人もたくさんいます。また、その期間は身体が水分を蓄えようとするため、便が硬くなるので、ますますお通じが悪くなってしまうのです。

お通じをよくする方法

1. 目が覚めたら、白湯を飲む

眠っていた身体に水を与えてやると、便を軟らかくするだけでなく、腸や胃の動きも促すことができます。

身体が冷えるとますます便秘になってしまうこともあるので、40~50℃くらいのぬるめの白湯がベストです。

目を覚ましたら、まずはカップ一杯分ほどの白湯を飲みましょう。

容器に水を入れ、レンジで1分くらい温めるといいですよ。

2. 食事はきっちりバランス良くとる

ダイエットや、急がしいからと、カロリー制限をしたり偏食になったりしていませんか。

当たり前のことですが、きちんと食物をとっていなければ便はできません。

また、朝から大腸をきちんと働かせることも大切です。

3. 水は一日1.5リットル以上飲む

水分が不足すると、便が硬くなり出にくくなります。そのため、意識してお水をたくさん飲むようにしてください。

硬度が高いミネラルウォーターは便秘の改善に効果があります。とはいえ、苦にならず飲み続けられるものを飲むといいです。

4. 朝はぎりぎりまで寝ない

深夜遅くまで起きているせいで、朝は遅刻寸前まで寝ている、なんて人はいませんか。

それではトイレにじっくり入っている時間も取れません。せっかく便意が起こっても、見逃してしまう可能性もあります。

朝は少しはやめに目を覚まし、余裕をもって過ごしましょう。

5. オリーブオイルを飲む

オリーブオイルにはオレイン酸がたっぷり含まれているため、飲むと腸を刺激して排便を促してくれます。地中海では昔からこうして便秘を解消してきたそうです。

少量では小腸で吸収されてしまい大腸まで届かないため、しつこい便秘に悩んでいる人は一日大さじ2杯のオリーブオイルを飲むようにしてください。

生のまま飲むことができ、オレイン酸がたっぷり含まれているエクストラバージンオイルを選ぶようにしましょう。

6. 運動する

運動不足でも便秘になることがあります。

特に下半身を使うウォーキングや体操、ヨガなどは、腸の動きが活発になるため、便秘に効果がありますよ。

また、腹筋をきたえると、便を押し出す力も強くなります。

一度に頑張りすぎると嫌になってしまうため、無理はせず、できる範囲で定期的に運動を行いましょう。

7. トイレでは前かがみに

じつは洋式便器はあまり日本人の身体に合っていません。

そこで洋式のトイレを使用するときは、和式トイレを使うときのように爪先立ちになり、前かがみになると便が出やすくなります。

いかがでしたか。

ひどい便秘を放置していると、別の病気の原因になることもあるため危険です。

まずは自分でできることから行い、きちんと改善していきましょう。

著者プロフィール

sora

SORA

ものを書くのが大好きです。好奇心旺盛で美容・旅行・グルメと幅広く学んでいます。