読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキンケア部

IT系女子と元化粧品スーパーバイザーがお肌の悩みの解消のコツや素肌美人になるためのスキンケア術をまとめています。役立つブログメディアを目指します。

カサカサ肌!シミも増えた!?秋に肌の調子が悪くなる原因

基礎化粧品 基礎化粧品-スキンケア
このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ秋の到来です。やっと夏の暑さも落ち着き、ほっと息を抜きたくなるところですが、秋はお肌がとってもデリケートになる時期なんです。いったいお肌にどんなことが起こっているのでしょうか。

1. 夏の紫外線ダメージが蓄積している

f:id:blocube:20150905104237j:plain

紫外線の強い夏。薄着になり、海や山など外で遊ぶ機会も多かったのではないでしょうか。日焼け止めを塗っていても、100%お肌を守れるわけではありません。夏に受けたダメージは、確実に蓄積されています。

紫外線のダメージの蓄積

紫外線が当たると、皮膚の中でメラニンが生成されます。これがシミやソバカスの原因となり、色素沈着が起こるのです。また、紫外線はお肌のバリア機能を破壊してしまいます。バリア機能が弱まれば、お肌は十分に水分を肌にとどめておくことができません。よってカサカサの肌になりやすいのです。

シミ、ソバカスを防ぎ、ダメージからいち早く回復させるには、新陳代謝を早め、お肌を生まれ変わらせる必要があります。美白系コスメを利用するとメラニンを抑制しターンオーバーを早めてくれます。

2. 季節の変わり目は肌がデリケートになる

f:id:blocube:20150905105150j:plain

環境が大きく変わる季節の変わり目は、身体が緊張状態となり、外界の刺激にとても敏感に反応するようになります。いつもよりアレルギーが酷くなったり、平気だったものにかぶれやすくなったりするのは、こういった季節の変わり目が多いのです。

環境に慣れ、肌が落ち着くまではあまり刺激の強い変わったことはしないほうがいいでしょう。いつも使っているスキンケア用品でも肌が荒れるようになったので変えたいという場合は、使用しているものよりもさらに低刺激なものを選ぶようにしてください。

3. 皮脂の量が減少する

f:id:blocube:20150905105555j:plain

汗の蒸発により水分が飛ぶことも少なくなるため、秋になると皮脂の量がグッと減ります。これまで保湿してくれるものが少なくなるため、お肌が乾燥しやすくなります。

脂性肌だから大丈夫と安心はできません。最近は、表面が皮脂でテカっているのに、お肌の中は乾燥しているインナードライ肌が増えてきています。過剰な皮脂の除去がインナードライの大きな原因とされています。

夏に使っていたさっぱり系洗顔料やスキンケア用品を秋も使い続けると、ただでさえ減少している皮脂をさらに減らしてしまい、インナードライの原因となるので気をつけましょう。

秋のおすすめスキンケア

敏感になっている肌を守るために、まずはしっかり洗顔しましょう。古い皮脂や角質など老廃物、メイクの洗い残し、ホコリ、化学物質などは、肌を荒れさせる元です。しっかり泡立てた洗顔料で、洗い残しのないように洗いましょう。

クレンジングも洗顔料も洗浄力が強すぎないものを選ぶのがポイントです。ゴシゴシ擦るとその刺激でお肌がトラブルを起こしやすくなるので気をつけてください。

洗顔を終えたら、化粧水でたっぷり肌を潤し、乳液などでしっかり蓋をします。美白成分が入っているものを使用すれば、夏の紫外線で痛んだ肌をすばやく回復に導くことができます。ただし、美白系スキンケア用品は、普通の製品と比べると刺激が強いです。お肌が敏感になる時期なので、使用してみて異変を感じたら、すぐにいつものスキンケアに戻しましょう。

紫外線が弱くなったからといって安心はできません。ダメージをさらに蓄積させないためにも、紫外線対策は続けて行ってください。

まとめ

いかがでしたか。

このように、秋はとてもお肌がデリケートになりトラブルを起こしやすくなっています。次の季節である冬は、とても空気が乾燥し、肌がカサカサになりやすい時期です。秋のうちにお肌をしっかり潤して調子を整え、ターンオーバーを正常化し、冬に備えましょう。

著者プロフィール

sora

SORA

ものを書くのが大好きです。好奇心旺盛で美容・旅行・グルメと幅広く学んでいます。